2017-09

健康寿命の現実

こんにちは!びたみん農園店長の中嶋です。

先日、父の故郷の高知県四万十市の村に帰り、

村に住む90歳を超える地元のおじいちゃんおばあちゃんらと

お話ししてきました。

170918

体を起こすの話すのもやっとな人、

まったく歩けなくなったけど頭は冴えてよくしゃべる人、

耳はほとんど聞こえなくなったけど新聞など活字を読んで今の経済の在り方を語る人、

歩けるし食欲もあるけどぼーっとして過ごす人、

皆同じくらいの年齢だけどいろんな状態の人たちに会って、

健康寿命とは何か、よく考えるきっかけになりました。

皆不本意で身体が弱くなったり病気をしたりしますし、

本人の意思ではどうしようもない事が起こり得ると思います。

しかし健康であるかの大きな要因として、

それまで積み重ねてきた日々があり、

体をつくる食べ物の栄養と、

それを活用する身体と脳の運動を、

日々どう意識して行動するか

健康寿命は決まってくるんじゃないでしょうか。

それでは、今日も良いビタミンを!(^^)/

2017-09-18 | Posted in 健康, 生活No Comments » 

 

私が成功したダイエットの黄金比

こんにちは!びたみん農園店長の中嶋です。

今日もちょっとした食のネタを。

私は苦悩することなく、1ヵ月で6kg痩せました。

170903

56kg→50kgなので、肥満な状態から痩せたわけとは違います。

その方法は食事制限が全てですが、

ほんの少しの意識だと思うんですよね。

ほんの少しといっても、習慣を変えるのは言葉で言う以上に難しいんですが、

気を付けるポイントは、食べる栄養素の比率です。

正直、そんなに厳密じゃなくていいです。

私が意識した栄養素の比率は、

炭水化物(糖質):たんぱく質:脂質 では、

5:3:2 で、普段よりタンパク質を多めにとり、

3食とも必ず満腹にはせず、腹8分目で止めておきました。

夜の間食も完全に断ちました。

これくらいなら、辛い時はそんなにありません。

参考に、2015年に厚生労働省が出した理想的なエネルギー比率は、

6:1.5:2.5 くらいになっています。

理想の数値は個人差がありますけども。

私がこの比率にしたのは、ぽっこり出ていたお腹の脂肪を減らしたかったのと、

筋肉を増やしたかったからです。

で、この比率を意識した食事だけを続けると、

自然と結果が体重に表れてきたわけです。

ちなみに毎日たんぱく質を単純に増やそうとすると肉代もばかにならないので、

そこは一般的な方法ですが、

鶏むね肉やノンオイルのツナ缶をまとめ買いして費用を抑えています。

でもストイックになりすぎてストレスになるのも本末転倒なので、

ざっくりでいいから食べる栄養素の比率を意識する、

ということが大切です。

私のダイエットの黄金比はこれでした。

運動量や臓器の処理能力には個人差があるので、

ぜひご自身の黄金比を探ってみてください。

それでは、今日も良いビタミンを!(^^)/

2017-09-03 | Posted in 健康, 栄養, 生活No Comments »